日本占導師協会 占導師とは

日本占導師協会、代表理事である占導師 幸輝 四国霊場の陰陽師の末裔。祈祷師であり師でもある祖母から学んだ知識をもとに『占導』(占術を使って導く手法)を確立。

この道30年の鑑定師。

           IMG_3238.JPG

 

師である幸輝氏のもとで学び占導師認定課程を修了し岡山初の占導師 純麗となることができました。

 

古くから伝わる陰陽道の教えを元に当てる占い師ではなく、導く助言をする鑑定士のことで『占導師』といいます。性格を当てるという行為は、現状を再確認するということでは意味のある行為となりますが、それだけでは未来を幸せにすることはできません。また、未来を当てる行為をすると依頼者の『氣』が抜けてしまい、本来ある氣力が低下して運氣も下がってしまいます。そして依存型の人物を作ってしまいます。

『当てるだけ』ではなく『導く』ことで、これから来るべきして来る未来をより理想の未来へと人生の方向を変えることができます。

                                                 IMG_3235.JPG